読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全手動かんそうき

本とか漫画とか映画とかアニメとかの感想をつらつらと



冴えない彼女の育て方♭ #1「冴えない竜虎の相見え方」感想

竜と虎。霞ヶ丘詩羽と澤村・スペンサー・英梨々。決して犬と猿では無い。

ちなみに、どっちが竜でどっちが虎かというのは議論するまでもないだろう。
ライトノベル=ドラゴンマガジン
エロ同人=とらのあな
ということで。

◎アバン〜OP

今日も今日とて、作品の方向性?を巡り、きーきーくどくどケンカするクリエイターお二人。
なお、このとき英梨々が見せるプロット的なものをよく見ると、本編における詩羽と美智瑠の肉体的特徴の差異もわかるようになっていて興味深い。

そんな二人を見て、彼女たちがなんで仲が悪いのかなとか信じがたいセリフを臆面もなく口にする倫也に、難聴鈍感最低ウンコ主人公くんと言ってのける恵。
今回は、こんな日常に至る前の、この光景を成り立たせる背骨となる二人の出会いの話。

OPは物憂げなヒロインたち、澄まし顔で髪なんかいじっちゃって彼女らの内面やいかに、と思わせる。
扱いを見るに、今シリーズは英梨々がスポットライト浴びるのかなと。まあクレジット順でいえば正ヒロインなのだが。

そういや安芸くんOPに出てこないのね。まあ、物憂げなヒロインたちが想いを馳せているのは、きっと彼のことなんだろうなと、姿を見せずとも存在感は発揮しているが。
 


◎Aパート

一年前の出会い。
まだ作品を絶賛してくれる大好きな男の子としてのみ倫也のことを捉え、親密にしている詩羽に、因縁をふっかけてくる英梨々。強気に応戦する詩羽。
まあ冴えてるか冴えてないかでいえば冴えてない部類の相見えかたといえる。

同時に、英梨々は突如現れた憎き恋敵が、深夜3時過ぎまで夢中で読み込み、サイン会が締め切っていて落胆するほどに心を掴まれた小説の作者だったことを知り、複雑に煩悶。

一方の詩羽も、いきなりケンカ吹っかけてきて、しかもどうやら倫也とは因縁浅からぬ間柄であるらしい恋敵のことを知るべく、美術室のアトリエに凸撃して……
ところで、ここで異様な存在感を放ち、提供バックにも使われた妙に可愛い眼鏡っ娘美術部員に関しては、卑怯なやり口だなあと。(褒め言葉)


◎Bパート

朝の校門で詩羽の待ち伏せ。このシーンで、モブに加藤がいないか探してみたが見当たらなかった。
絶対こういうところで仕掛けてくると思ったんだが……この右上とかそうだったりするかな?

ともあれ、屋上で再び相見える二人。
エロ同人作家であることを看破された英梨々が、それをタテに陵辱地獄に落とされる妄想したりしつつ。
今度は恋敵としてのみならず、クリエイター同士としてもぶつかり合い、そしてお互いへの尊敬と共感が芽生えかける。

が、女と女の場合、食い物の恨み以上に、男絡みの恨みの方が恐ろしい。
すぐさまお互いに醜い罵り合い……それも、結局加藤恵の一強なのではと思わざるを得ないような内容のディスの応酬を交わしーーー
 



一年が経ち、ひょんなことから同じサークルメンバーになった龍虎は、今もなお安芸倫也を巡って火花を散らし、悪態をつきあっている。

が、その一方で、尊敬するクリエイター同士、ひとつの作品に取り組むという、最高に幸せな関係性でもあったりしていて。
ちょっとだけ素直になって、一年越しの念願だったお互いのサインをゲット。
ここで加藤が二人の想いを知ってか知らずか、一役買っているあたりも素晴らしい。


◎所感

エエ話だったなぁと。#0の感想でも書いたが、クリエイター同士が妥協し合うのでなく、尊敬し合って相乗してモノを作り上げていく姿こそがこの作品の魅力だなあと、改めてつくづく。
てか、構成的に、この回が1期の最終回なら綺麗だったんじゃないかなーと。
(原作未読なので、この回が1期終了後の発表とかだったらすいません)

まあ、ある部分では対立関係にあるメインキャラ二人の、根幹のところでの尊敬と信頼を初っ端に描くということは、今回のシリーズでは第三者と対峙しての共闘が多くなるか、逆にヒビが入る展開になるのではないかと予想もされる。
(本当に原作はまったくの未読で、今後の展開も知らないのです。見当違いならすいません)

とりあえず、第2期の実質的な物語スタートとなるであろう、次回が楽しみである。